常々便意を感じるようになりました

先日「腸内環境」という声明を耳にすることが増えてきたのではないでしょうか。腸は栄養を吸収し,いらないものを排出する役割を持つ結果,第2の脳と呼ばれており,非常に重要な内臓だ。

腸の中には悪玉細菌,善玉細菌,日和見細菌が存在しており,日和見細菌を善玉細菌として,悪玉細菌を増加させないようにすることを,腸内環境を合わせると言います。

 腸内環境が良くないと,便秘になるだけではなく,口臭や体臭にまで影響が出てくる。自分は,便がべたっとして脂っこく,便器にへばりついて取れないことから,自身の腸内環境が良くないのではないかと思うようになりました。

便が脂っこいと,便の切れがひどく,いつまでもトイレットペーパーで拭き取らなければならない結果,切れ痔の原因となり,お尻にも悪いと感じました。

なので,ヨーグルトを採り入れるため,善玉細菌の一種である乳酸菌を摂取してみることにしました。ヨーグルトを選ぶうえで大切なことは,胃酸に強い,腸に届く人間の乳酸菌で作られたヨーグルトを選ぶということです。

 ヨーグルトを食べ始めて1週たつあたりから,便が脂っこくなくなり,便器にへばりつかなくなりました。便の切れも良くなりました。もっと,排泄も良くなり,常々便意を感じるようになりました。

 善玉細菌を繰り返す施策として善玉細菌の食物となる食物繊維などを作る施策って,ヨーグルトのように自ら善玉細菌を摂取して繰り返す施策があります。なので,くだものにヨーグルトをかけて食するようにしました。リンゴ,バナナなど日によって果実は変えていらっしゃる。そうすることで,善玉細菌の食物です食物繊維って善玉細菌の1材質です乳酸菌とを一緒に摂取することができます。によって腸内環境に喜ばしい食べ方といえます。

 腸内環境が良くなると,排泄が改善されるだけでなく,肌質の進化にも効果があるそうです。手軽な施策なので,今後も続けていきたいと思います。ksrec.info

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です