育毛剤を使う決定をしました

30金になり、毛髪が次第に薄くなってきた気がしてきました。
元々、毛髪の容量が多い人間ではなかったし女房も毛髪が薄く無い皆さんなので遺伝もあるのかもしれません。20金のところは気になりませんでした。

但し30金になり結婚もして同居してのライフが実に重圧になり、そのせいだと思いますが、毛髪がサクサク抜けていったのです。シャンプーをするときの毛髪が追い越せる容量といったら半端ないです。
自力は病じゃないか?ほど通常凄い容量が追い越せるのです。

30金から育毛剤とか扱うのはどうにか?という悩んだのですが、とある場合男にも言われました。「あんた頭上すごいよ。」って。
ほんとに激しい物言いだと思いました。私が気になっていることをありのままいう男のことばに涙すら出てきました。

そうして育毛剤を使う決定をしました。毎日のシャンプー後に高所に泡の育毛剤を擦り込み、もみこんでいました。
案の定、初めのうちは効力もなく、過ぎました。
洗浄もノンシリコンのものに変えました。取り敢えず毛髪を漸く元に戻したいという思いの丈で一所懸命でした。

しばらくすると、遂に高所のあたりも毛髪がだんだんと生えてきたように思えました。元々毛髪は細長くて無い人間なので目算もそれだけしない身近に育毛剤は使いました。
私において高所が見苦しくないくらいに戻れば宜しいという心情でした。
その後も育毛剤はシャンプー後に必ずやつぎ込みました。

今では外に出ても恥ずかしくないほどになりましたが、重圧の著しいときは本当に出先にいくのもイヤになるぐらいでした。

それほどにまで重圧はカラダに大きな影響を与えるものだという実感しました。男や男世帯に嫌味を言われることがいかほど心労なのか思い返すだけでも悔しくなりました。ルネスタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です